公的な給付金を得るための豆知識と、その手続きをプロに依頼した時に受けられるサポート内容の特徴

サイトメニュー

申請要件や必要書類

悩む男性

どんな書類が必要か、申請までの流れは

うつ病で障害年金を申請するためには、請求できる条件について知っておくことが必要です。まず前提として、「初診日」と「保険料納付状況」が定められた要件を満たしている必要があります。「初診日」の要件は、傷害の原因となった病気で医療機関にかかった初診日が、国民年金または厚生年金保険の被保険者期間中であることです。そして「保険料納付状況」は、初診日の前日の段階で初診日の月の前々月までの期間に、保険料納付済と免除の合計期間が加入期間の3分の2以上納付されている、或いは初診日の月の前々月までの1年間に滞納していないこと、と定められています。以上の要件を満たした上で、疾病や障害の状態を定められた基準に照らし合わせ、支給の可否や等級が決定することになります。うつ病の障害認定基準は、症状が重い順から1級・2級・3級となっており、3級は初診日時点で厚生年金に加入していた方が対象です。初診日に国民年金の被保険者だった場合は、1級あるいは2級と認定されない限り受給することは出来ません。

うつ病で障害年金を請求するための要件が揃ったら、次に申請までの流れを見ていきましょう。まずは前述した「初診日」を明らかにする必要があります。次にかかりつけの精神科や心療内科などで医師に「診断書」を作成してもらうよう依頼します。そして「病歴・就労状況等申立書」を作成します。提出先は、障害基礎年金の場合は住まいの市区町村役場、障害厚生年金或いは、初診日に国民年金第3号被保険者期間中であった場合は、年金事務所になります。では上記の流れの中で、医療機関が関わってくる部分をもう少し詳細に見ていきましょう。まず「初診日」ですが、例えばうつ病で最初にかかった病院と現在通院中の病院が違う場合、最初の病院で「受診状況等証明書」を出してもらうことが必要です。初診からずっと同じ病院に通院している場合は証明書は必要ありません。次に「診断書」についてですが、内容は審査基準である「精神疾患による病態に起因する日常生活の制限の度合い」を確認するための項目が主となります。具体的には「疾患の存在とその病状や重症度」、「日常や社会生活にどれ位支障があるか」などです。病名や病歴・症状や治療経過などの内容と日常生活能力について整合性がとれているかという点も確認が取られます。