公的な給付金を得るための豆知識と、その手続きをプロに依頼した時に受けられるサポート内容の特徴

サイトメニュー

重症であれば申請を

悩む男性

診断書の書き方が肝

うつ病によって働くことが困難になってしまった場合、まず健康保険の傷病手当を受給し、その後失業保険を受給する流れが一般的です。その受給期間が終了しても働けない状態であれば、障害年金を受給することを考えます。審査に重要な書類は、診断書です。診断書の書き方が審査結果を左右することもあり得ます。うつ病の重症度は検査機械などでは中々量れないため、どれほど病状が生活を困難にさせているかを医師に説明することが大切です。弱音を吐けずに本来よりも軽い症状を伝えてしまい、不支給になる人も少なくありません。または症状を何も伝えずに、診断書の作成を医師任せにしてしまう人もいます。こうなると自覚症状と全く違う内容の診断書ができる可能性があるので、注意が必要です。自分で伝えるのが困難な人は、家族に症状を伝えてもらったり、社会保険労務士に相談したりするのも一案です。障害年金は働けないほどの状態にある人が審査に通るのが一般的であるものの、働いているからといって受給できないというわけではありません。就業時間や業務内容などを配慮されて勤務している場合は、受給できる可能性があります。

うつ病で障害年金を申請して通る人は多くありません。障害とは、生活するのが困難な身体状態や精神状態にあることを指すからです。つまり重症のうつ病でなければ、審査に通ることは容易ではないです。さらに、申請してから支給が開始されるまで、およそ半年かかる点に注意しなければいけません。審査に約3ヶ月から4ヶ月かかり、受理されてから支給まで約50日間かかります。障害年金を受給できる期間は特に決まっていませんが、途中で受給権が消滅する場合と支給が停止される場合があります。前者は障害等級に3年以上該当せず、なおかつ65歳以上の人です。後者は、更新手続きの必要書類を提出しなかった場合や障害認定基準に該当しなくなった場合などです。万が一交通事故に遭って損害賠償金が支払われる場合は、事故の日から最大36ヶ月間支給が停止されます。この間に申請した分は、支給停止期間終了後に支給が再開します。もし支給停止に異議があれば、不服申し立て、すなわち審査請求や再審査請求を行うことが可能です。