公的な給付金を得るための豆知識と、その手続きをプロに依頼した時に受けられるサポート内容の特徴

サイトメニュー

請求に関する耳寄り情報

悩む男性

チェックしておきたい請求・活用のルール

うつ病はストレスが多い現在社会においては、誰もが発症するリスクがある精神的な病とされています。特に就労が困難になるので収入面に不安が出てきますから、きちんと障害者年金を受け取るようにしておきたいもの。この障害者年金にはルールがあって、うつ病と診断されたら誰でも受け取れるわけではありません。まず年齢制限があるため、20歳から65歳の間に請求することが求められています。加えて障害認定基準を満たす必要がありますが、ここで気をつけたいのが手帳です。一般的には障害者手帳がないと請求できないと言われることもありますが、ここでは関係ありません。つまり手帳はなくても請求可能ですし、逆にあっても給付されないこともあるのです。また、就労中でも給付を受けとれる可能性もありますので、特に失業に拘る必要もないです。この点に関しては国民年金か、厚生年金でも変わってくるので気をつけたい部分です。後は保険料の未払いがないことも要件です。基本的に幅広い方が受給できるので、まずは自分が当てはまるか確認してみても損はないでしょう。

うつと言うのは就労はもちろんですが、生活についても大きな支障が生じ得る病気です。このために障害者と同程度に扱うことによって、年金の受給と言う救済があるのは、知っておきたいポイント。治療にお金もかかる上に収入が減少する可能性もあるので、経済支援として使える年金制度に注目が集まっていると言えます。年間で数十万円の支援を期待できるので、打つ克服に関して、これは大きなサポートになりえるはずです。もっとも、これまでは年金に頼ると言うのを、良しとしない意見もありました。うつ病にかかってしまった本人が、何とか働いて自立した生活を続けたいと望むケースがしばしばあったのです。このように真面目な方ほど罹患するリスクがあるのですが、うつ病は頑張りすぎて発症しているので、ここから努力して立て直そうとすると悪化する可能性があります。したがって、現在ではキチンと休んで、サポートも受けて治すと言う考え方が浸透しつつあり、そのための手段として年金受給も有効な選択肢となってきたと考えられそうです。