公的な給付金を得るための豆知識と、その手続きをプロに依頼した時に受けられるサポート内容の特徴

サイトメニュー

人気の理由と選ぶ時のコツ

カウンセリング

費用を払ってでも頼む価値があると大評判

障害年金はうつ病に罹った場合でも受け取ることができ、その請求手続きは精神科で治療を受けている患者本人でも行えます。自分で行えば実費だけで済むため、障害年金を最も安く受給できるのが魅力です。ですが障害年金の請求では、社労士に費用を支払って代行してもらう方法も人気になっています。その理由は狭き門と称される受給審査も、専門家に頼めば通過できることが多いため、代行料を払ってでもお願いする価値があるからです。また、この請求手続きは一度落ちても再審査を受けられますが、一旦下された決定が合格に転じるケースは少ないとされています。つまりうつ病による請求手続きは初回で通過することが何よりも肝心なため、ノウハウを持つ社労士が高く評価されているのです。さらに、患者本人が手探りで手続きするより効率的に請求できるので、受給のスタートが早まることでも評判になっています。そして代行費用ですが、実際の金額は個々の事務所で違うものの、受給額の2か月分という料金設定が多く見られます。

やる気が湧かないなど、うつ病が疑われる時は症状が軽いうちから精神科に通っておきますと、治療も長引かずに済みます。ただしストレスから体を壊した場合など、心の不具合より身体症状が辛い際は心療内科を選びましょう。また、障害年金の請求代行を依頼する社労士の選び方ですが、うつ病による障害年金請求を専門にしている事務所を選ぶのがベターです。社労士にも得意分野があり、例えば企業を取引相手にする事務所では、社員の入退社に関する手続きは詳しくても、うつ病の障害年金請求には慣れていない場合があります。年金をもらえるか否かが掛かっている大切な問題ですから、できるだけうつ病の請求手続きに明るい社労士事務所に依頼しましょう。そのうえで料金設定にも着目するのが良く、初期費用を抑えたい場合は着手金が不要の事務所や、成功報酬型の事務所を選ぶのがポイントです。成功報酬型なら受給した障害年金で代金を支払えば良いので、費用の支払が楽にできます。そのほか、これまでの実績もしっかりと確認し、成功件数が多い社労士事務所を選んでおくと安心です。